カテゴリー: 重賞最終決断

共同通信杯最終決断

ここを勝った馬はクラシックで活躍しているので今年も注目です。今年はマイラプソディの1強ムードが漂ってますが素質馬も何頭かいるので戦前の予想通りにいくのか楽しみです。

最終決断

◎マイラプソディ

京都2歳Sで負かしたミヤマザクラが昨日のクイーンCで勝っておりこの馬の能力の高さが証明された。ここまでの3連勝がスローの上がり勝負、流れがタフなレースとどちらにも対応しており今のところ死角はない。後は渋った馬場と左回りがどうかだけ。

◯ダーリントンホール

ここ2走上がり1位をマークしている。今日の様な馬場は心配だが洋芝をこなしているので力のいる馬場も大丈夫かも知れない。

▲ビターエンダー

良馬場なら本命にしていた。ちょっと渋った馬場で切が削がれそうなのは痛い。切勝負ならマイラプソディにも十分対抗出来ると思っていただけに。

☆フィリオアレグロ

兄が渋った馬場が得意だったが父がディープに替わったこの馬は切勝負に強い。今日の様な馬場の適性はまだわこらないが素質だけで勝ってしまう可能性はある。

△ココロノトウダイ

ブログ村
にほんブログ村
最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 重賞最終決断

京都記念の最終決断

クラシックを賑わした4歳牝馬2頭と古馬のステイフーリッシュの3強ムードです。今の京都はパワーを要する馬場な上に今朝からの雨の影響で更に馬場が悪化しているのでその辺がどうでるかですね。

最終決断

◎ステイフーリッシュ

京都記念と同じ舞台の京都新聞杯を勝っており昨年のこのレースも2着に来ておりこの距離では1-2-0-0と得意としている。先行できるので展開面では有利。稍重では実績があるがここまで悪くなると少し心配。

◯カレンブーケドール

昨年はG1で2着が3回と惜しい内容が続いた。今回53キロで出られるのはかなり有利。デビューから掲示板を外した事が無く堅実に走っている。先行して上がりの脚もそれなりに使えるので3強の中では1番有利な気もする。

▲クロノジェネシス

差してくるタイプなので展開面では3強の中では1番不利な感じ。稍重までは経験しかないがパワーのいる馬場もこなせなくは無いと思う。カレンブーケドールが早目に前を捉えに行けばこの馬にもチャンスはある。

☆アメリカズカップ

重のきさらぎ賞、不良のカシオペアSを勝っており今日の様な馬場は得意。先行できるのでので他馬が馬場を気にするようだとあっと言わせるかも。

△プリンスオブペスカ

△アルメリアブルーム

△ドレッドノータス

ブログ村
にほんブログ村
最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 重賞最終決断

クイーンC最終決断

過去にこのレースの勝ち馬で後にG1馬になっている馬もおり多少ながらクラシックにも結びついているレースです。今年は小粒だが良血馬も出走しておりここをキッカケに飛躍していくかも知れないので注目したいレースです。

最終決断

◎ホウオウピースフル

2戦2勝。ここ2走上がり1位をマークしており決め手はここでも1番。マイルは初めてだがスローが予想される展開で前に行ける脚もあるので外からスッと好位につけて直線では決め手全開で3連勝濃厚。

◯ミヤマザクラ

前走で負けた相手が明日の共同通信杯の有力馬マイラプソディなので仕方ない。それよりも牡馬相手に3着以下を突き放した内容を評価したい。東京マイルは長めの距離を使って来た馬が有利なのでタフなレースをして来た経験が生きてくる。

▲ルナシオン

スワーヴリチャードの妹と騎手で人気している。1番人気はちょっと評価され過ぎかな。前走スローで展開に恵まれたとは言え上がり3ハロン全て11秒台の速いラップを前に付けて押し切ったのは評価していい。スローが予想される今回前目の位置から一歩速く抜け出して押し切りを狙う。ただ内枠なので揉まれた時の不安はある。

☆ジャンドフルール

今日の芝は上がりの脚より前に行った馬が残っている。前走上手くスローに持ち込んだとは言え上がりも速く力はある。逃げ馬はこの馬だけなので直線の長い東京でも上手く溜めて逃げれば残れる可能性はある。鞍上の絶妙なペース配分に期待。

△マジックキャッスル

△アカノニジュウイチ

△アミークス

△チアチアクラシカ

ブログ村
にほんブログ村
最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 重賞注目馬

共同通信杯の注目馬

このレースはダービーや皐月賞に繋がるレースなのでここでの好走馬は春のクラシックでも好勝負出来るので目が離せないレースです。

今年のメンバーは例年に比べると小粒で重賞勝ち馬はマイラプソディだけでこの馬が中心で1強ムードみたいな感じですね。

傾向

スローペースになる事が多く速い上がりの脚が求められる。過去5年の勝ち馬全てに上がり1位をマークした経験がある。

4年前以外は馬券圏内全ての馬が前走連対しているので調子の良さも大事になります。

注目馬

マイラプソディ

前走無傷の3連勝で京都2歳Sを制している。その前走はタフな流れをまくり気味に行って直線で突き放す強い内容。2走前は少頭数のスローの流れを1頭だけ33秒台の上がりをマークし桁違いの強さを見せた。まだ強い馬と対戦してないのでどれくらいの力なのかは未知数だがここも勝つようだとクラシック候補になるのは間違いない。

ビターエンダー

前走の京成杯は前有利の流れを中団よりやや後ろから差して来て4着はマズマズ。2走前の東京での未勝利戦では先行して抜け出す競馬で3馬身差の快勝で時計も悪くない。今回東京に替わるのは好材料でスローの流れを先行して早目に抜け出す競馬をすればあっと言わせる場面も。

ダーリントンホール

札幌2歳S、葉牡丹賞とも3着。小回りコースの上がりの掛かる競馬に対応しているがもしかしたら上がり勝負の方が合っているかも知れない。東京でどんなレースが出来るかわからないが近2走を見る感じタフなレースより決め手勝負の方が良さそう。

フィリオアレグロ

兄サトノクラウンは東京芝18の東スポ杯を勝っている。兄は渋った馬場が得意だったが父がディープに替わったこの馬は切れ勝負に対応出来そう。新馬戦も加速ラップで勝っており上がり勝負は合ってそうな感じ。

ブログ村
にほんブログ村
最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 未分類

クイーンCの注目馬

過去にはホエールキャプチャ、ヴィルシーナと桜花賞でも好走する馬が出ていたが近年は昨年のクロノジェネシスが3着に来たぐらいであまり桜花賞とは直結していない。今年は、ホウオウピースフル、マジックキャッスル等良血馬が何頭か出走するので頭数の割には面白いレースとなりそう。

傾向

過去5年で1番人気が3勝で3着1回と信頼は出来る。1番人気で馬券になっている4頭中3頭が前走阪神JFを使われている。今年は阪神JF組は出走しないのでこのデータは使えないですね。

馬券圏内15頭全てが前走はマイル以上のレースに出走している。距離延長組には不利なデータ。

2年前のテトラドラクマ以外は前走3着以内に来ており調子の良さと勢いが大事。

注目馬

マジックキャッスル

兄にソーグリッタリングがいる。兄もマイルで良績が多くこの馬もマイル前後が守備範囲な感じ。前走は前が速く控えたこの馬には展開は向いた。2走前の様に遅ければ前で競馬することも出来る自在性があるのは魅力。ややタフなレースの方が合いそうなので上がり勝負だと切れ味で劣る可能性はある。

ミヤマザクラ

前走は牡馬相手の重賞で2着に入ったのは評価出来る。勝ったマイラプソディには離されたが3着には3馬身差を付けており自力は牝馬同士なら上位。長目の距離を使われており初のマイルと上がりの速い競馬にどれだけ対応出来るかがポイントになる。

ホウオウピースフル

兄は有馬記念を勝ったブラストワンピース。新馬戦ではミヤマザクラを破っており能力はこの中では1番と言ってもいいぐらい。マイルは未経験は気になるが流れが落ち着けば対応は出来そう。前走も少頭数のスローだったが上がり1位をマークしており決め手勝負は望むところ。

シャンドフルール

良血馬に割って入りそうなのがこの馬の様な気がする。前走の千両賞では逃げて前半をスローに落としてまんまと逃げ切った。展開に恵まれない面はあるがラスト3ハロンの加速ラップで2馬身放した内容は評価してもいい。先週までと同じで内が残れる馬場ならスローに落として逃げ切りも。

ブログ村
にほんブログ村
最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 重賞最終決断

きさらぎ賞最終決断

展開予想

過去の傾向では少頭数のスローになる事が多く比較的逃げ馬が残る事が多い。ただ、今の京都は逃げ馬が残り辛く差し有利なのでその辺の影響がどう出るか。

ギベルティが前走同様逃げてストーンリッジが2番手でグランレイが後方待機。グランレイが坂の下から動いて直線の決め手勝負になりそう。

最終決断

◎グランレイ

前走は出遅れて後方からの競馬。結果的にペースが速かったので出遅れがいい方に出た。溜めればいい脚が使えるのがわかったので今回も後ろから行くと思われる。距離に不安はあるが新馬戦で3着なら悪くはない。血統的には非根幹距離が合いそう。外差し馬場を見方に差し切りを狙う。

◯アルジャンナ

東スポ杯2着で実績は上位。2走とも上がり33秒台をマークしており決めて勝負は合う。今回はスローになるのが見え見えなのでタフな京都の馬場とは言えこの馬の決め手が生かせる展開にはなる。

▲ギベルティ

この馬が逃げる展開になると予想。前走は途中からハナに立ちそのまま押し切る強い内容。時計的には物足りないが上がりが35秒台だったので意外とタフな馬場だったかも知れない。逃げ苦戦の馬場だがパワータイプの様なので案外今の京都は合うかも知れない。展開を味方に逃げ切りもあり得る。

☆サトノゴールド

札幌以来となるのでデキがどうか。ゴールドシップ産駒なので今の少しタフな京都はピッタリ。ただある程度流れて上がりの掛かる展開にならないと切れ負けする。

△ストーンリッジ

△トゥルーヴィル

ブログ村
にほんブログ村
最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 重賞最終決断

東京新聞杯最終決断

展開予想

恐らくモルフェオルフェが逃げて、キャンベルジュニア、シャドウディーヴァが続き流れとしてはスローから平均ペースぐらいに落ちつきそう。有力馬は後ろからの馬が多くその中でも一歩前で競馬出来るヴァンドギャルドが有利か。

最終決断

◎ヴァンドギャルド

3連勝で一気にOP入り。枠順からも隣のモルフェオルフェが逃げるのでスッと好位に取り付きやすい。遅い流れが予想され前に行けて速い上がりが使えるこの馬が展開面では1番有利。マイル路線の中心になり得る存在。

◯レッドヴェイロン

東京コースは2-1-1-0、マイルは3-2-2-0とコース距離とも相性は抜群。デビューから掲示板を外したことが無く安定感がある。スローの上がり勝負にも対応出来る速い上がりの脚もあるのでそんなに崩れる事はない。

▲サトノアーサー

前走は休み明け好走後の反動が出た感じ。2走前を見る限りOP特別では力は上。意外と速い上がり勝負は得意ではなく、34秒台の上がりぐらいなら何とかなる。

☆レイエンダ

前走のマイルCSはG1でスローの上がり勝負で後方待機ならあの着順も仕方ない。2走前の富士Sの様にある程度流れてくれれば33秒台の上がりの脚があるので差して来れる。展開待ちの部分があるので高い評価は出来ない。

△クリノガウディー

△プリモシーン

△シャドウディーヴァ

ブログ村
にほんブログ村
最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 競馬予想

エルフィンS最終決断

傾向

このレースの過去5年を見ると1番人気が3勝で後は2、3番人気が1勝ずつ。馬券圏内を見ても人気薄は7番人気が2頭絡んでいるだけで基本5番人気以内で決まっているので人気サイドを狙えば的中出来るレース。

前走はマイル以上を経験している馬が殆どでマイル以下を使われていた馬は紅梅S組の3頭のみなので距離延長組は苦戦傾向。連対馬10頭の内9頭が前走で馬券に絡んでおり唯一絡んでないのは昨年の勝ち馬アクアミラビリスしかいないので前走3着以内から狙いたい。

予想

◎デアリングタクト

1戦1勝馬。前走牡馬相手に上がり1位で差し切った。スローの上がり勝負だったとは言え加速ラップを好位から差したのは評価できる。今回もスマートリアンの単騎逃げでスローが濃厚で好位から差せるこの馬には絶好の展開。

◯ライティア

前走新馬勝ち後に挑戦したデイリー杯では牡馬相手に健闘したと言える。先行するタイプなのでこの枠は好都合。切れる脚は無いが前に付けて展開を味方に上手く乗れば勝機はある。名手の腕に期待。

▲ファーストフォリオ

前走牝馬限定の新馬戦で上がり2位で差して勝った。苦戦傾向にある距離延長だが血統からはむしろマイルの方がいい筈。スロー想定の今回好位から外差し馬場を見方に差して来そう。

☆スマートリアン

想定ではこの馬の単騎逃げでスローの展開予想。前走は36秒台で逃げで粘り込んだ。今回も36秒台で逃げればたとえ外回りで差し有利の馬場でも逃げ残れる可能性はある。

△ウィンマイティー

△ヴィースバーデン

△エーポス

ブログ村
にほんブログ村
最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 重賞注目馬

東京新聞杯の傾向と注目馬

昨年の勝ち馬インディチャンプは春秋のマイルチャンピオンになり、一昨年の勝ち馬リスグラシューは後に有馬記念を勝ち最近は出世レースになっています。今年は上がり馬ヴァンドギャルド、良血馬レイエンダ、NHKマイルCの覇者ケイアイノーテックなどなかなか面白いメンバーが揃いました。

傾向

過去5年で馬券になった馬の前走はマイルを使っている馬が9頭で最も多い。使われて来たレースは様々なのでローテーション的にはこれと言ったものはない。着順も2桁じゃなければ気にする必要はない。ただ、マイルの重賞で好走歴のある馬は狙える。

ここ3年は4歳と5歳馬しか馬券になってないので今年も中心は4、5歳馬から狙った方が良さそう。

注目馬

ヴァンドギャルド

昨年の秋から3連勝し一気にOP入り。2歳時には、東スポ杯と毎日杯で3着と重賞でも好勝負していた馬。重賞ではあと一歩足りない内容が続いていたがマイルの条件戦を連勝して来たのを見るとマイルの適性は高そう。今年はちょっとメンバーが小粒なのでここを勝っても不思議ない。

レイエンダ

レイデオロの弟と言う事でかなり期待されて来たが今一つ活躍できないでいる。昨年漸くエプソムCで初重賞を勝ち素質の片鱗を見せつつある。兄と違って中距離よりマイルぐらいの方がレースはしやすそう。エプソムC、富士Sとも稍重で力のいる馬場だった。良馬場の切れ味勝負よりはタフなレースで上がりが少し掛かった方がこの馬には合っている。

レッドヴェイロン

アーリントンCとNHKマイルCで3着。限定戦とは言えマイルに高い適性があるのは間違いない。1年ぶりだった紅葉Sを速い流れを中団から上がり2位で差し切り、前走のキャピタルSでは、不良馬場を後方から差して来て2着は適性、能力の高さを証明した。馬場状態を問わず終い必ず伸びて来るのは強味。

ブログ村
にほんブログ村
最強競馬ブログランキングへ

カテゴリー: 重賞注目馬

きさらぎ賞の傾向と注目馬

このレースはクラシックの登竜門的なレースとなっています。かつては、スペシャルウィーク、ナリタトップロード、サトノダイヤモンドなどここを勝ってダービーでも好走しておりダービーの直結コースとしても注目されています。

今年も頭数は少ないですが、東スポ杯2着のアルジャンナ、朝日杯3着のグランレイ、札幌2歳S2着のサトノゴールド、シンザン記念3着のコルテジアなど精鋭が揃っており面白いレースとなりそうですね。

傾向

過去5年を見ると、1番人気が3連対でまずまずで2番人気が2連対で3着が2回と人気馬はそれなりに結果は出している。二桁人気の馬来ておらず5番人気ぐらいまでで馬券の組み立てはした方が良さそう。

前走は、500万が10頭と多く、重賞は朝日杯からしか馬券になっていない。500万からの臨戦馬は全て3着以内で逆に朝日杯組は凡走から巻き返している。

注目馬

アルジャンナ

新馬戦、東スポ杯2歳Sと共に上がり33.6。スローの上がり勝負には向いてそう。今回も少頭数で上がり勝負になりそうなので展開は向きそうだが今の京都は意外とパワーがいる馬場なのでその辺にどう対応するかがポイントになりそう。

サトノゴールド

札幌2歳Sでは直線だけで差して来て2着は評価出来る。ゴールドシップ産駒らしく切れ味勝負よりタフなレースが合っている。今のパワーのいる京都は向いてそうだがスローの競馬に対応出来るか。

グランレイ

朝日杯では14番人気で3着に激走。ペースが速く展開が嵌った感じは否めないがあの差し脚は脅威。今回スローの展開になりそうで展開面では不利だが頭数が少なく捌きやすいので外を回ってどれだけ差して来れるか。ある意味今回は試金石になりそう。

ギベルティ

1戦1勝馬。父はこのレースは3着だった。新馬戦は上手くスローに落として逃げ切り勝ち。スローの割には上がりが掛かっておりタフな馬場だったと思われる。今回も多分逃げると想定しているが先行馬があまり残れない今の京都でどんな競馬をするのか。

ブログ村
にほんブログ村
最強競馬ブログランキングへ